住宅用太陽光発電システムが発電する電気の行き先は、原則的にまずは自宅内で消費する電気となります。
太陽光発電システムは夜間発電しませんから、日没後は太陽光発電システムが発電する電気を使用することはありません。
日中は太陽光発電システムが発電する電気を優先的に使用しますが、日中不在にすることが多い家庭では、電気の使用量というのはかなり少なくなるでしょう。
不在時の家電製品が使う待機電力程度の電気使用量では、太陽光発電システムが発電する電気を使い切る事は到底できません。
使い切れずに余ってしまう電気は、電力会社に販売する事になります。
愛知県内にお住まいで太陽光発電システムを設置する方は、中部電力と売電に関する契約を結び、余った電気を中部電力に販売します。
その契約手続きについては、愛知県内で太陽光発電システムを販売する販売店や工務店が必要な書類を用意してくれたり、手続きの代行をしてくれますから心配はいりません。
日中在宅しており、天候が雨だったりすると太陽光発電システム発電量よりも使用する電気の方が多いという状況もあるでしょう。
その場合は不足分の電気を電力会社から購入します。
つまり、優先的に太陽光発電システムが発電する電気を使用しますから、電力会社への電気料金の支払額は大幅に少なくなるでしょう。
さらに、日中不在がちなために日中の電気使用量が少ない家庭については、太陽光発電システムが発電する電気の大半を販売する事になります。