政府の政策による日本国内における太陽光発電システムの普及が一気に進んでおり、個人レベルでも事業者レベルでも太陽光発電を取り巻く状況は過熱の一歩をたどっています。
豊田市周辺でも大規模太陽光発電所の建設計画が具体的に進んでおり、不動産業界や通信会社といったこれまで発電事業とは全く縁のなかった業界からの新規参入も相次いでいます。
太陽光発電システムの販売が急増した影響で、太陽光発電システムを製造する各メーカーは好景気に沸いており、事業成績は大きく改善しています。
太陽光発電システムの普及が一気に進んだ主な理由は、再生可能エネルギーにより発電された電力を確実に販売できるよう、政府が政策で決定したからでしょう。
固定価格買い取り制度という名目の新たに設けられた制度は、再生可能なエネルギーである風力による発電や太陽光により発電した電力を、政府が指定する単価で長期間にわたり全ての電力を電力会社が購入する事を義務とする制度です。
太陽光発電が今後、政府による政策の後押しがなくなった状態でも、日本国内で消費される総電力に一定の割合でシェアを得るには、太陽光発電システムを製造するメーカー各社による発電のコストを下げる事は必須となるでしょう。
現在の技術の進歩速度を考えると、2015年以降には太陽光による発電コストの大幅な低減が見込まれています。
太陽光発電システムの技術革新と並行して、電力会社が供給する電気料金については、火力発電所での発電に使用する原油や液化天然ガス、石炭の価格上昇が予想されており、電気料金の値上げが避けられない状況にあるため、太陽光発電システムが発電する電気の単価との差はほとんどなくなると想定できるでしょう。
家庭用太陽光発電システムの設置についても今がまさにベストなタイミングとなっています。
今後の家庭用電気料金が値上げされる事は容易に推測できますから,早い時期に太陽光発電システムを設置し、売電による利益確保へ動き出すのは賢明です。