日本は縦に長く、雪国もあれば常夏の場所もあったりして場所によって非常に多様な自然環境を持っている国です。
ですから、市町村単位ではなく、都道府県と言う単位で気候を考えると、同じ圏内なのにまったく気候が違うということも、ありえます。
例えば岐阜県の場合、県庁所在地がある場所は平地で、普通の気候ですが山間部に行くと、標高が高く、スキー場を経営できる感じなります。
同じ東海地方でありながら、愛知は尾張でも三河でも同じような気候条件だったりします。
ピンポイントで考えれば、山の上で気温が下がる場所もありますが、湿気の多い夏と乾燥して晴れる日の多い冬と言うのは尾張、西三河、東三河でも共通ですし、面積も全てが均等です。
さらに、補助なども手厚い自治体が多いので愛知県でなら、どこに住んでいても太陽光発電を検討して問題はないでしょう。
そして、強調したいのはどこの地域でも、日照時間が短いとか、必ずと言っていいほど毎年大雪に見舞われたかと思えば、ニュースに登場する盆地のように記録的な暑さを観測すると言う極端な気候ではなく、太陽光発電に適した環境が、平均的に保たれている件であると言えます。
その証拠に、尾張、西三河、東三河にある主要な市におけるサイトをチェックしてみると、かなり太陽光発電に対して前向きであることが分かるはずです。
このように、自然環境的な観点から見ても、自治体の姿勢から見ても、愛知なら、どこでも太陽光発電を考えられるでしょう。